竹製マット


 

 竹製の生活用品が少なくなる中、天然竹の吸水性に着目して開発した足マットです。格子状焼桐の枠の上に竹材を配置した構造で、竹表面に細かい切目加工を行なうことで吸水性能を与えています。バスマット・洗面台マット・キッチンマット・玄関マットなどに使用可能です。


★特徴
1)バスマットとして使用すると、足裏の水分を竹の切目から吸収し、吸われた水は竹内部に広がります。そして竹表面には水の侵入を防ぐ天然の防水皮膜が存在し、一度竹内部に吸われた水は足裏に戻らず、濡れ感が低減されます。洗面台マットやキッチンマットとして使用すると、飛び散った水が吸収され短時間で乾きます。


2)マット表面で足裏を擦ることで、切目の凹凸で足裏の汚れ・埃を落とすことが可能で、玄関マットとしても使用できます。


3)竹の湾曲した形状や節の凸部そして細かい切目は足裏を刺激し、爽快感のある足裏感触を創り出します。


4)竹表面の細かい切目は吸水だけではなく足裏との滑りを防ぎ、水で濡れても滑りにくく、またマットの裏面には床面との滑りを防止するために、コルク材の滑り止めを取り付けています。


5)竹表面をバーナーの炎で焼いて、光沢ある漆黒調の焼き色をつけることで、意匠性の高い商品となっています。


6)マットの段差で足を踏み外して転倒しないように、縁部に傾斜をつけることで、段差を軽減して安全性に配慮しています。


7)天然材料の使用にこだわり、また塗料による着色を行わず、脱プラスチックの環境にやさしい商品となっています。

 


 

  「 吸水する竹製マット」は、クラウドファンディング Makuakeにて、2020年8月31日~10月10日公開で目標金額の199%(599,100円)を達成し、ご支援を頂きました。

 

 

 Makuakeサイト(https://www.makuake.com/project/bambria/)で、商品の詳しい特徴や開発経緯をご覧いただけますが、その記載内容を当ホームページでも紹介します。

 

クラウドファンディングMakuakeでの記載内容  👉

          (当ホームページ内)


 ※ 2021年より、改良品「吸水する竹製マット〈漆黒調〉」として販売を行なっています。