「竹製マット」のお手入れ方法などについて


 お手入れ方法

 

以下の内容を参考にしてお手入れ頂くと、マットを長く快適にご使用頂けると思います

 

〇ブラシ(付属品)や掃除機を使用して、 定期的に切り目に入り込んだゴミやほこりを取り除いて下さい

 

〇 竹表面濡れた布などで汚れを拭き取って下さい。

 

〇 定期的に、シャワーで水洗いしたり、浴室用中性洗剤等を使用して洗って下さい

 

〇 カビが発生した場合、浴室用中性洗剤等を使用して洗って下さい。竹表面の軽度なカビであれば、洗いのみでカビを除去できると思います。

 

バスマットとして使用する場合には、毎日使ったあとは風通しのよい場所で十分に乾かして下さい。乾いていない状態で使い続けると、カビや変色が発生しやすくなります。またカビが発生しやすい梅雨時期は、こまめ洗うをお勧めいたします

 

〇マットを水の中に漬け込まないで下さい。変色することがあります。

 

洗い方(参考)」

 

以下の手順を参考にして、お風呂場や屋外で洗って下さい。

 

1)マットシャワーホース掛けながら、付属のブラシでマットのおもて面については竹の切り目に沿ってブラッシングして洗って下さい。必要により希釈した浴室用中性洗剤を使用して下さい。

 

2)マットの裏面についても、付属のブラシで竹の裏面や桐の格子枠をこすって洗って下さい。

 

3)洗ったあとは、シャワーなどを使って十分に洗剤を洗い流して下さい。

 

4)乾かす前に、竹は乾いたタオルで水滴を拭き取って下さい

 

5屋外ベランダなど風通しの良い場所で、十分に乾かして下さい

 

修理ついて

 

の一部が割れてしまった場合などには、その部分の竹を交換することで修理できます。

 

ご連絡頂ければ修理対応いたします

 

表面の傷・変色について

 

材料の天然竹は、傷や変色が多かれ少なかれ存在します。出来るだけ傷や変色の少ないものを使用するようにしていますが、完全に傷や変色がない商品をつくることは難しいと言えます。どうぞご了承ください

 

安全面での注意事項

 

〇 竹の切り目は角が立っているため、乳幼児では皮膚が柔らかいため、マットの上で走り回ったりすると、足裏を切る可能性があります。乳幼児がおられるご家庭では、十分にご注意下さい。

 

〇 竹が破損するとささくれが発生し、棘が刺さる危険性があります。破損した状態で使用し続けないようにして下さい。破損した場合は、修理対応いたします。

 

★材質

 

表材 : 竹(割竹

 

〇 裏材 : 桐集成材

 

〇 滑り止め : コルク材